条件に応じて出力を変えるテンプレートカスタマイズ

index.phpはなるべくカスタマイズしない

index.phpはページの種類に関係なく、最も優先順位が低くなっています。
index.phpをカスタマイズすると予想外のページにカスタマイズの影響が出る場合があります。
参考:テンプレート階層

ループをカスタマイズ

先頭の投稿だけ違う処理

最初の数件の投稿だけ違う処理

奇数件目と偶数件目で違う情報を出力する

条件タグで処理を分ける

参考:条件分岐タグ

ページが「Wordpress」カテゴリーのアーカイブページのときだけ処理を分ける


特定の投稿(is_single)や特定の固定ページ(is_page)だけ他と異なる出力を行いたい場合も同様に処理できる。

ページが「Wordpress」または「Web制作」カテゴリーのアーカイブページのときだけ処理を分ける


タグならis_tag、著者ならis_author。

特定の投稿や固定ページを判断する

投稿はis_single、固定ページはis_pageで判断する

投稿の条件によって処理を変える

特定のカテゴリーに属する投稿、特定のタグがついた投稿、概要がある投稿、コメントがついている投稿などの条件で処理を分岐できる。ループの外でも使用可能。

in_categoryで特定のカテゴリーに属しているか判断する

has_tagで投稿にタグがついているか判断する

ユーザーがログインしているかどうかで処理を分ける

Wordpress

Posted by bivo

PAGE TOP